スポンサード リンク


Newton e-ラーニング TOEIC

Newton TLT/e-Learningソフト TOEIC Bridge 合格保証付

TOEICのBASIC版
TOEIC TESTで450点を実力で取れる
基礎力養成を目的にしています。

いま、全国立大学卒業時の平均スコアは、推定ですが、450点くらいです。しかし、試験は解答A,B,C,D4択問題形式ですから、990点満点中全部Aにマルをつけても250点前後がとれます。

ですから450点と言っても本当に「わかっていて」つまり実力でとれた点数は300点くらいと推定できます。 TOEIC Bridgeは、実力でTOEIC TESTでスコア450点に満たない方に受検してもらうための、いわばTOEICのジュニア版としての検定試験です。


日本人にもっとも不足している
「日常使う英語」の学習指標です。

アメリカ人はもちろん、フィリピン人やシンガポールの子供たちが誰でも使える「基礎英語」を、日本人はいちばんニガテとしています。現地では日常、誰もが使う「基礎的な英会話」が日本人にとっては、明快に聞き取れません。

中学校で習い始めてから大学を出るまで「英会話」「英語を聞く」機会がないからでしょう。


TOEIC Bridgeで出題されるリスニングは全部で2000文例くらいです。これだけ徹底的にトレーニングすれば
TOEIC Bridgeのリスニングは満点です。

そして英会話力は、おもしろいほど向上します。

また、文法・語法、そして「英文」も「日常使うもの」ばかりです。これらをしっかり身につければ、英語圏での生活にほとんど不自由しません。

日本人は大学入試の英語などとびきり難しい「英語」の勉強はしてきていますが、TOEIC Bridgeのように本当に日常のコミュニケーションに欠くことのできない「基本英語力」が極端に不足していると、いくら「難しい英語」を勉強しても「あたりまえ」のコミュニケーション能力が付きません。

TOEIC Bridgeは日本人にとっては、待望の「使える英語力」の指標です。


こんな英語がしたかった!「米国特許」のTLTソフトだから可能にした世界!

Newton TLT/e-Learningソフト TOEIC Bridge 合格保証付


現地では日常、誰もが使う「基礎的な英会話」が日本人にとっては、明快に聞

き取れません。

このソフトで徹底的にトレーニングすれば、英会話力は、おもしろいほど向上

します。また、文法・語法、そして「英文」も「日常使うもの」ばかりです。

これらをしっかり身につければ、英語圏での生活にほとんど不自由しません。

まずは無料体験ソフトをお試し下さい!



-----------------------------------------------------------

いつも応援頂き、有難うございます。
↓↓
banner_04.gif




教材一覧へ

Newton e-ラーニング TOEIC

Newton e-ラーニング TOEIC

■ 25,000人を超える会員実績を築いたTLTソフト
 TOEIC の基礎「英語コミュニケイション能力」を体系的、客観的に評価するためにアメリカのTOEIC協会で開発され、全世界で実施されている検定試験です。

 全国立大学卒業時の平均スコアは、推定ですが、450点くらいです。しかし、試験は解答A,B,C,D4択問題形式ですから、990点満点中全部Aにマルをつけても250点前後がとれます。 ですから450点と言っても本当に「わかっていて」つまり実力でとれた点数は300点くらいと推定できます。 TOEIC は、実力で TOEIC TEST でスコア450点に満たない方に受検してもらうための、いわば TOEIC のジュニア版としての検定試験です。

■ 日本人にもっとも不足している「日常使う英語」の学習指標です。

 アメリカ人はもちろん、フィリピン人やシンガポールの子供たちが誰でも使える「基礎英語」を、日本人はいちばんニガテとしています。現地では日常、誰もが使う「基礎的な英会話」が日本人にとっては、明快に聞き取れません。 中学校で習い始めてから大学を出るまで「英会話」「英語を聞く」機会がないからでしょう。

 TOEIC Bridge で出題されるリスニングは全部で2000文例くらいです。これだけ徹底的にトレーニングすれば TOEIC Bridge のリスニングは満点です。 そして英会話力は、おもしろいほど向上します。

 また、文法・語法、そして「英文」も「日常使うもの」ばかりです。 これらをしっかり身につければ、英語圏での生活にほとんど不自由しません。

 日本人は大学入試の英語などとびきり難しい「英語」の勉強はしてきていますが、 TOEIC Bridge のように本当に日常のコミュニケーションに欠くことのできない「基本英語力」が極端に不足していると、いくら「難しい英語」を勉強しても「あたりまえ」のコミュニケーション能力が付きません。

 TOEIC Bridge は日本人にとっては、待望の「使える英語力」の指標です。

★★ ご注文はこちらから ★★
      ↓↓↓
Newton e-ラーニング TOEIC Bridge 6ヶ月間


プログラム1. 「 リスニング 」

■ 単語力で英語力は面白いほど伸びる!これだけでスコア100点はアップできる!
【PART T】

 全部で15問題。いずれも「写真」をみせられ、A,B,C,D4つ「英文」がアナウンスされ、そのうち、どの英文がその「写真」を説明しているかを選ぶ試験です。 TOEIC Bridge に出る「単語」は約1,200語です。その中で上の「英文」の同一類例文が作れるのは限定されます。

drinking, hiking, fighting, dancing, singing, running, standing, sitting, speaking, walking, working, jogging, driving, swimming, coming, eating, listening, leaving, playing, resting, talking, sailing, teaching, turning, waiting, drawing, skiing, skating, skipping, smiling, rushing, traveling, climbing, picnicking、painting, sleeping, sweeping
以上、37の単語の「演習英文」しか作ることができません。

 この37の単語を使った「第1問目」類題演習を100%聞き取れるように繰り返しトレーニングを積み重ねれば、PART1の「第1問目」は、確実に正解できるようになりますね。

 こうして、2問目〜15問目までそれぞれ40英文、全部で600英文を徹底的にLISTENING演習をすれば、PART1の15問題は、いつでも満点正解できます。

【PART U】

全部で20問題。いずれもカンタンな「英語での質問文」がアナウンスされ、その後にA,B,C3つの「答えとなる英文」がアナウンスされます。その3文のうち、どの「英文」が、質問に対する答となる英文かを選ぶ試験です。

◆「英語での質問文」
Thank you for the beautiful flowers.

◆「答えとなる英文」
A.You're very welcome.
B.The roses please.
C.In the garden.

 これらも最初にアナウンスされる英文や「質問英文」のパターンは、各問題に20の類例文程度で100%に近い演習ができます。 質問文だけで360英文、その答の英文も1440種類あります。これだけの完全習熟のトレーニングをすれば、もちろんPART2の20問も満点がとれますね。

【PART V】

 全部で15問題。最初にカンタンな英文で「質問とその答えとなる回答文A,B,C,D4つ」が書かれたペーパーが配布されます。それに対してA,B,C, D4つ問題形式は2種類あります。一つは「二人のカンタンな会話文」もう一種は「3行くらいの文章」がアナウンスされます。そのアナウンスを聞いてその ペーパーでの質問にA,B,C,Dいずれか1つを選ぶ試験です。


★★ ご注文はこちらから ★★
      ↓↓↓
Newton e-ラーニング TOEIC Bridge 6ヶ月間

問題例1

◆「質問」
W: May I help you?
W: Our coat department is on the second floor.

◆「その答え」
A. In a store.
B. In a restaurant.
C.In a factory.
D.In a library.

 以下のような会話英文を聞いてその答としての英語の「語句」を4つから選ぶパターンは8つです。 でも類例の会話文は約500文例あり、それらを単独に、あるいは問題としてすべてを演習することによって、ほぼ満点が取れます。

問題例2

◆「会話英文」
Now, for today's weather. Today will be rainy and warm.
Expect the rain to continue all day and throughout the week.

◆「質問」
What is today's weather?

◆「その答え」
A.Sunny.
B.Cold.
C.Snowy.
D.Rainy.

 これは「天気」についてのアナウンスです。

 PART3 の文章アナウンスパターンは、「ツアーでのリーダーから」「授業での先生から」「テレビでの番組案内」「レストランでウェーターから」「会社や団体のリー ダーから」「クラブ等のリーダーから」「空港や駅でのアナウンス」など15を超えるシチュエーションでのアナウンスや案内に対して、その概要を把握する試 験です。

 これらもそれらのシチュエーションごとに20例文程度、全部で300例文を完全習熟してしまえば、確実にPART3はすべてに正解できます。


プログラム2. 「文法・語法」

【PART W】

 全部で30問題。文法、語法問題です。1行くらいの英文中に1つ空欄があります。その空欄に入るべき英語の「語句」がA,B,C,D4つあります。その中から正解となるものを1つ選ぶ試験です。
【問題例1】

Last year、Mary and Helen __________ bicycles in Amsterdam.

A. rent.
B. to rent.
C. rented.
D. renting.

【問題例2】

To get to the lobby, go __________ the doors at the end of this hallway.

A. above
B. under
C. through
D. down

★★ ご注文はこちらから ★★
      ↓↓↓
Newton e-ラーニング TOEIC Bridge 6ヶ月間


プログラム3. 「 英文読解 」

【PART X】

 全部で20問題。各問題には英語で書かれた「案内文」「掲示板」「グラフ」「新聞記事」「手紙」などがあり、10〜15行くらいを読み、その内容についての短い質問が英文で書かれています。その下にA,B,C,D4つの回答があって、その中から正解を1つ選ぶ試験です。

【問題例】

Question 83-84 refer to the following invitation.
-------------------------------------------------------------------------
The Centerville Arts Council
Invite you to its annual dinner
At the Centerville Country Club
On Saturday,December 17,at 6:30 p.m.

Featuring
FranklinB. Nelson,
Who will speak about
Strategies for selling art.

Mr. Nelson is a local artist and the owner of Centerville Art Gallery Some of this paintings will be displayed at the Country Club.
There will also be a special performance by the Abelard University Orchestra.
-------------------------------------------------------------------------

What kind of event is this?
A. A meal.
B. A play.
C. A class.
D. A wedding.

Who is Franklin B. Nelson?
A. A writer.
B. An actor.
C. A painter.
D. A musician.


★★ ご注文はこちらから ★★
      ↓↓↓
Newton e-ラーニング TOEIC Bridge 6ヶ月間

超速学習を実現するワンタッチ入力

 時間が経過するうちにあれだけ覚えたはずの語句も曖昧になってきます。時間の経過とともに忘れていくのです。この現象をグラフで表したのが 忘却曲線 です。忘れかけた頃に要所要所で TESTING をして、忘却した語句を見つけだし 忘却曲線、また TRAINING をしてを立ち上げ、「もう忘れることはない」と判断するまでこの TRAINING をくり返しいつか 100% 習熟させてしまうのです。この 忘却曲線 の応用機能こそが、驚異的なスピードでの完全習熟を可能にしたのです。こうしてTOEIC Bridge ® の英語学習が飛躍的に進みます。
boukyaku.gif


 動作環境 TLT eラーニング

1 Microsoft Windows XPが利用できるDOS/Vパソコンを推奨
  Windows98SE 以降であれば、基本的に動作可能
  Windows95/Me/NT4はサポート対象外
2 CPUは、Intel Pentiumプロセッサ(または同等の)400MHz以上を推奨
3 メモリ容量は、128MB以上(256MB以上を推奨)
4 ハードディスク容量は、500MB以上の空きが必要(2GB以上を推奨)
5 画面は1024×768ドット以上,256色以上の表示が可能な機種
  (65536色以上推奨)
6 インターネットに接続できる環境が必要。
  ADSL、光回線などのブロードバンド環境が望ましい。
  ■ ダイヤルアップ→モデム(56Kbps以上を推奨)
  ■ 常時接続環境→LAN(10/100BASE対応)
  ■ 学習プログラムのダウンロード時、学習教材のダウンロード時、
   学習履歴の送受信時に接続を行う。
   (学習の最中は、通信回線を切っていても利用可能)


★★ ご注文はこちらから ★★
      ↓↓↓
Newton e-ラーニング TOEIC Bridge 6ヶ月間



教材一覧へ


続きを読む

Newton e-ラーニング TOEIC

TOEIC TESTで450点を実力で取れる「英語力」を目的にしています。

■ 25,000人を超える会員実績を築いたTLTソフト
 TOEIC の基礎「英語コミュニケイション能力」を体系的、客観的に評価するためにアメリカのTOEIC協会で開発され、全世界で実施されている検定試験です。

 全国立大学卒業時の平均スコアは、推定ですが、450点くらいです。しかし、試験は解答A,B,C,D4択問題形式ですから、990点満点中全部Aにマルをつけても250点前後がとれます。 ですから450点と言っても本当に「わかっていて」つまり実力でとれた点数は300点くらいと推定できます。 TOEIC は、実力で TOEIC TEST でスコア450点に満たない方に受検してもらうための、いわば TOEIC のジュニア版としての検定試験です。

■ 日本人にもっとも不足している「日常使う英語」の学習指標です。

 アメリカ人はもちろん、フィリピン人やシンガポールの子供たちが誰でも使える「基礎英語」を、日本人はいちばんニガテとしています。現地では日常、誰もが使う「基礎的な英会話」が日本人にとっては、明快に聞き取れません。 中学校で習い始めてから大学を出るまで「英会話」「英語を聞く」機会がないからでしょう。

 TOEIC Bridge で出題されるリスニングは全部で2000文例くらいです。これだけ徹底的にトレーニングすれば TOEIC Bridge のリスニングは満点です。 そして英会話力は、おもしろいほど向上します。

 また、文法・語法、そして「英文」も「日常使うもの」ばかりです。 これらをしっかり身につければ、英語圏での生活にほとんど不自由しません。

 日本人は大学入試の英語などとびきり難しい「英語」の勉強はしてきていますが、 TOEIC Bridge のように本当に日常のコミュニケーションに欠くことのできない「基本英語力」が極端に不足していると、いくら「難しい英語」を勉強しても「あたりまえ」のコミュニケーション能力が付きません。

 TOEIC Bridge は日本人にとっては、待望の「使える英語力」の指標です。

★★ ご注文はこちらから ★★
      ↓↓↓
Newton e-ラーニング TOEIC Bridge 6ヶ月間

続きを読む

Newton e-ラーニング TOEIC

プログラム1. 「 リスニング 」

■ 単語力で英語力は面白いほど伸びる!これだけでスコア100点はアップできる!
【PART T】

 全部で15問題。いずれも「写真」をみせられ、A,B,C,D4つ「英文」がアナウンスされ、そのうち、どの英文がその「写真」を説明しているかを選ぶ試験です。 TOEIC Bridge に出る「単語」は約1,200語です。その中で上の「英文」の同一類例文が作れるのは限定されます。

drinking, hiking, fighting, dancing, singing, running, standing, sitting, speaking, walking, working, jogging, driving, swimming, coming, eating, listening, leaving, playing, resting, talking, sailing, teaching, turning, waiting, drawing, skiing, skating, skipping, smiling, rushing, traveling, climbing, picnicking、painting, sleeping, sweeping 以上、37の単語の「演習英文」しか作ることができません。

 この37の単語を使った「第1問目」類題演習を100%聞き取れるように繰り返しトレーニングを積み重ねれば、PART1の「第1問目」は、確実に正解できるようになりますね。

 こうして、2問目〜15問目までそれぞれ40英文、全部で600英文を徹底的にLISTENING演習をすれば、PART1の15問題は、いつでも満点正解できます。

【PART U】

全部で20問題。いずれもカンタンな「英語での質問文」がアナウンスされ、その後にA,B,C3つの「答えとなる英文」がアナウンスされます。その3文のうち、どの「英文」が、質問に対する答となる英文かを選ぶ試験です。

◆「英語での質問文」
Thank you for the beautiful flowers.

◆「答えとなる英文」
A.You're very welcome.
B.The roses please.
C.In the garden.

 これらも最初にアナウンスされる英文や「質問英文」のパターンは、各問題に20の類例文程度で100%に近い演習ができます。 質問文だけで360英文、その答の英文も1440種類あります。これだけの完全習熟のトレーニングをすれば、もちろんPART2の20問も満点がとれますね。

【PART V】

 全部で15問題。最初にカンタンな英文で「質問とその答えとなる回答文A,B,C,D4つ」が書かれたペーパーが配布されます。それに対してA,B,C, D4つ問題形式は2種類あります。一つは「二人のカンタンな会話文」もう一種は「3行くらいの文章」がアナウンスされます。そのアナウンスを聞いてその ペーパーでの質問にA,B,C,Dいずれか1つを選ぶ試験です。


★★ ご注文はこちらから ★★
      ↓↓↓
Newton e-ラーニング TOEIC Bridge 6ヶ月間

続きを読む

Newton e-ラーニング TOEIC

プログラム2. 「文法・語法」

【PART W】

 全部で30問題。文法、語法問題です。1行くらいの英文中に1つ空欄があります。その空欄に入るべき英語の「語句」がA,B,C,D4つあります。その中から正解となるものを1つ選ぶ試験です。
【問題例1】

Last year、Mary and Helen __________ bicycles in Amsterdam.

A. rent.
B. to rent.
C. rented.
D. renting.

【問題例2】

To get to the lobby, go __________ the doors at the end of this hallway.

A. above
B. under
C. through
D. down

★★ ご注文はこちらから ★★
      ↓↓↓
Newton e-ラーニング TOEIC Bridge 6ヶ月間

続きを読む

Newton e-ラーニング TOEIC

プログラム3. 「 英文読解 」

【PART X】

 全部で20問題。各問題には英語で書かれた「案内文」「掲示板」「グラフ」「新聞記事」「手紙」などがあり、10〜15行くらいを読み、その内容についての短い質問が英文で書かれています。その下にA,B,C,D4つの回答があって、その中から正解を1つ選ぶ試験です。

【問題例】

Question 83-84 refer to the following invitation.
-------------------------------------------------------------------------
The Centerville Arts Council
Invite you to its annual dinner
At the Centerville Country Club
On Saturday,December 17,at 6:30 p.m.

Featuring
FranklinB. Nelson,
Who will speak about
Strategies for selling art.

Mr. Nelson is a local artist and the owner of Centerville Art Gallery Some of this paintings will be displayed at the Country Club.
There will also be a special performance by the Abelard University Orchestra.
-------------------------------------------------------------------------

What kind of event is this?
A. A meal.
B. A play.
C. A class.
D. A wedding.

Who is Franklin B. Nelson?
A. A writer.
B. An actor.
C. A painter.
D. A musician.


★★ ご注文はこちらから ★★
      ↓↓↓
Newton e-ラーニング TOEIC Bridge 6ヶ月間

続きを読む

Newton e-ラーニング TOEIC

超速学習を実現するワンタッチ入力

 時間が経過するうちにあれだけ覚えたはずの語句も曖昧になってきます。時間の経過とともに忘れていくのです。この現象をグラフで表したのが 忘却曲線 です。忘れかけた頃に要所要所で TESTING をして、忘却した語句を見つけだし 忘却曲線、また TRAINING をしてを立ち上げ、「もう忘れることはない」と判断するまでこの TRAINING をくり返しいつか 100% 習熟させてしまうのです。この 忘却曲線 の応用機能こそが、驚異的なスピードでの完全習熟を可能にしたのです。こうしてTOEIC Bridge ® の英語学習が飛躍的に進みます。
boukyaku.gif


 動作環境 TLT eラーニング

1 Microsoft Windows XPが利用できるDOS/Vパソコンを推奨
  Windows98SE 以降であれば、基本的に動作可能
  Windows95/Me/NT4はサポート対象外
2 CPUは、Intel Pentiumプロセッサ(または同等の)400MHz以上を推奨
3 メモリ容量は、128MB以上(256MB以上を推奨)
4 ハードディスク容量は、500MB以上の空きが必要(2GB以上を推奨)
5 画面は1024×768ドット以上,256色以上の表示が可能な機種
  (65536色以上推奨)
6 インターネットに接続できる環境が必要。
  ADSL、光回線などのブロードバンド環境が望ましい。
  ■ ダイヤルアップ→モデム(56Kbps以上を推奨)
  ■ 常時接続環境→LAN(10/100BASE対応)
  ■ 学習プログラムのダウンロード時、学習教材のダウンロード時、
   学習履歴の送受信時に接続を行う。
   (学習の最中は、通信回線を切っていても利用可能)


★★ ご注文はこちらから ★★
      ↓↓↓
Newton e-ラーニング TOEIC Bridge 6ヶ月間

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。