スポンサード リンク


驚くほど英語発音がきれいになるDVD(ビデオ)

驚くほど英語発音がキレイになるDVD(ビデオ)

「英語の発音は、大人になったら、もうなおせない」と諦めていませんか?

大人は子供のように「マネするだけ」ではできるようになませんが、「どうやってマネするのか」がわかれば、必ず、キレイに発音できるようになります。スギーズ式なら90日間の練習で、驚きの効果が得られ ます。

■自信を持って英語を話せるようになる、驚きの英語教材



■スギーズ英語教材  みなさまからの体験談

聞くだけで頭が“英語モード”に!

          ビジネス誌発行者 Yタロウさん(男性)

四十の手習いで20ウン年ぶりに英語のレッスンを再開してはや数年。ネイティブの個人教授で基礎を復習した後、ビジネス・イングリッシュの個人教授を経て、現在は全国にチェーン展開している英語学校に通っています。

英語をブラッシュアップしようと思ったきっかけは、ビジネス誌の編集という仕事柄、月に1〜2回の英語のeメールのやりとり、年に数回のネイティブへのインタビューの機会があるので、これらをできる限り自力でこなすため。

これまでの数年間の学習を経て、英語のeメールのやり取りはなんとか自分でこなしているものの、インタビューとなると、相手の話を理解した上で、質問を変化させていかなくてはならないので、リスニング力がないと始まりません。

英語でのインタビューはこのまま夢に終わるのか・・・と思っていたある日、友人が「英語チャンク学習法」なるものをすすめてくれました。そこで英語学校を補足する手段としてこれを採用。最初は騙された(?)と思ってスタートしたのですが、1ヶ月足らずで少しずつ効果が実感できるようになりました。

私の場合、なかなかまとまった時間がとれないので、会社の行き帰りや、週1回通っているスポーツジムでトレーニングをしながら聴くだけですが、それまでうろ覚えだったフラッピングやリエゾンの裏づけが得られ、発音に自信がもてるようになりました。

また、聞くだけで頭が“英語モード”に切り替わるので、これを聴いてから英語学校に行くと、舌がもつれることなく、スムースに話すことができます。さらに、先生の英語が以前より聴き取れるようになりました!

私の場合、iPodで聴いているのですが、「英語チャンク学習法」と共にiPodに入っている英語の歌を聴くときも、今までは「どうせわからない」と聞き流していた英語の歌詞が、少しずつ手の届く範囲に入ってきたような気がしています。

おかげで、このまま夢に終わるかと思われた英語でのインタビューが、再び射程距離に入ってきた気がします。


■自信を持って英語を話せるようになる、驚きの英語教材



-----------------------------------------------------------

いつも応援頂き、有難うございます。
↓↓
banner_04.gif




教材一覧へ

驚くほど英語発音がきれいになるDVD(ビデオ)

驚くほど英語がきれいになるDVD(ビデオ)

90日でネイティブ並にきれいな英語が喋れるようになる

普通の日本人でも90日でネイティブ並みに
きれいな英語が喋れるようになる英語学習法


●今まで英語を勉強してきたのに上手にしゃべれるようにならなかった

●英語を聞き取るのが苦手だがどうやったら聞き取れるようになるのか知りたい

●英語を効率よく短期間でしゃべれるようになりたい

●英会話は初心者だけど英語をしゃべるのには興味のある

●英語をしゃべれるようになりたいが英語アレルギーで困っている

●何故日本人は英語をしゃべったり、聞き取るのが苦手なのか知りたい

これらに1つでも思い当たる方は、是非「スギーズの英語英語上達法」を試してください。

★きれいな英語発音が出来るようになるDVD(ビデオ)
 スギーズPERシステム

英語の発音の習得は難しいと思われがちですが、日本人にとって「発音し分けにくい音」「聞き分けにくい音」の違いさえ判ってしまえば、実は英語の発音を習得するのはそんなに難しい事ではないのです。
私は音声学を応用して日本人がやりやすい個々の音の出し方や日本人が間違えやすい音のペアでの練習ドリルなどを長年研究してきました。
そして日本人が短期間で英語の発音を習得するために最適な勉強方法「スギーズ PER システム」が完成しました。
PERとはPronounce English Right(英語を正しく発音しよう)という意味です。
この教材には、私の発音教室の生徒さんたちに教えているスギーズの英語学習法のエッセンスが詰まっています。
この教材は、週4回、1回一時間の勉強で、一ヵ月半(45日)で確実に「きれいな英語発音」を習得する事が出来ます。

★★ 詳しい内容とお申し込みはこちら ★★
         ↓↓↓
たったの90日でネイティブ並みの英語が話せるようになります


★英語を流暢に喋れるようになるDVD(ビデオ)
 スギーズSEFシステム

すらすらと英語をしゃべるためにはチャンクを覚える必要があります。
チャンクを覚える前にまず必要な事はネイティブ・スピーカーが日常会話で行う独特のクセである「音の変化や省略」を習得する事です。
ネイティブ独特のクセとチャンクを習得するための教材が「流暢な英語がしゃべれるようになるDVD(ビデオ)スギーズSEFシステム」です。
この教材も、週4回、1回1時間の練習ですと、一ヵ月半(45日)で習得することができます。

★★ 詳しい内容とお申し込みはこちら ★★
         ↓↓↓




人気blogランキングへ
banner_04.gif





スギーズ英語学習法

ここで教える英語学習法は、ちゃんとやれば誰でも確実に「ネイティブ並の英語が喋れるようになる」方法です。
ですから、ここで方法論をしっかり理解してください。
とは言いましても私の英語学習法の理論はとてもシンプルです。
英語をすらすらと喋れるようになるために必要な事はたった二つだけだといいましたがそれは次の二つです:

@正しい英語の発音が出来る事

A正しい英語の発音でチャンクをマスターする事

もちろん単語力や最低限の文法力なども必要ですが、英語を喋れるようになるために一番大切なのは正しい発音と、チャンクを覚える事です。
文法などはチャンクで覚えてしまったほうが簡単に覚えられますし、単語もちゃんと発音を習得してからのほうが効率よく覚えられます。


正しい発音はなぜ必要?

よく日本人に「英語を喋るためには正しい発音が必要だ」と言いますと、「英語なんて通じればいいじゃん」とか「発音なんて外人でもないのに身に付けられるわけがない」と言われます。

しかし、どちらの意見も正しくありません。
「英語なんて発音が悪くても相手に通じればよい」という意見をたまに聞くことがあります。確かに、ちょっと発音が変でも相手とのコミュニケーションに支障がなければいいじゃないか、と思うかもしれません。
実際、ドイツ人やフランス人が喋る英語は多少訛っていても、コミュニケーションには支障がないみたいです。

しかしこれは日本人には当てはまらないのです。

ドイツ語やフランス語というのは言語体系的に英語と近いので、当然発音も似ているのですが、日本語と英語というのは言語体系が全く異なり、発音が全然違うので、日本語発音の英語では「発音が悪くても通じる」というレベルではなく、「発音が悪すぎて全く通じない」ということになってしまうのです。

英語と日本語はどれくらい発音が違うの?

日本語と英語の発音で一番大きな違いは、母音の数です。
母音というのは簡単に言うと声帯で発せられた音が唇、歯、舌などに邪魔されずに発せられる音のことで、言語を喋る上で一番基本となるとても大切な音のことです。
日本語には「ア」「イ」「ウ」「エ」「オ」の5つの母音があります。
ところが、日本語の母音が5つなのに対して、英語の母音は基本的なものだけでも12個もあります。
しかも日本語の母音と同じものは「エ」だけで、ほかの11個はまったく違う音なのです。
日本人は英語の12個の母音を、日本語の5つの母音に無理やりあてはめて喋ろうとしているのです。
だから、日本人の発音は外国人にとって非常に聞き取りにくいといわれるのです。
しかも、大陸文化を持つ中国人や韓国人と違って、日本人というのはどちらかというとシャイな人が多いので、発音が悪くて英語が通じないと、自信を持って英語を喋れなくなってしまう人が多いのです。
日本人が英語を喋るのが苦手なのはこのためなのです。

発音なら外国人に直接習えばいいんじゃないの?

「発音が大切なら、やっぱり英会話学校に行って外人と話して、英語の発音を身につければいいですよね?」と思われるかもしれません。
確かに英語を上手に話すためには外国人と生の英語を話す練習をするのはとても大切な事です。

しかし、これも効率の良い方法とは言えません。
何故なら、外国人の先生は英語の発音はちゃんと出来るかもしれませんが、日本人に発音を教える事に関しては素人なのです。
彼らにも何故日本人はこんなに英語をしゃべるのが下手なのか、どうしたら日本人がちゃんと英語をしゃべれるようにさせられるのか教え方がわからないのです。

ですから、外人の先生はよく「私の発音をまねろ」と指導するのですが、音の出し方がわからないので真似ようとしても上手く真似られないのです。
そうすると、ネイティブの先生もゆっくりと英語をしゃべらなければならなくなります。
英会話学校などでネイティブの先生がゆっくりと話してくれるような会話なら理解できるけど、海外などで実際の英語を聞くとスピードが速すぎてついていけないという事になるのです。

私は、「英会話学校に行ったけど全然英語が上手くならなくて失敗した」という人の話を聞くたびに、「最初に発音を勉強しておけば効果が全然違うのになー」とつい思ってしまいます。

どうやって発音を勉強したら良いの?

では実際に日本人はどのように発音を勉強したら良いのでしょうか?
日本人にとって発音を一番勉強しやすい方法があるのです。
私は、日本人が英語を話したり、聞いたりしているのを見ていてあることに気がつきました。
それは、日本人には「発音し分けにくい音」「聞き分けにくい音」があるということです。
「発音し分けにくい音」「聞き分けにくい音」をきちんと発音し分けて、聞き分けられるようになればよいのです。
このように「発音し分けにくい音」「聞き分けにくい音」でも、私の開発した独自の学習ドリルで学べば難なく聞き分け、しゃべり分けられてしまいます。

日本人にとって「聞き分けにくい音」他にもあるのですが、それらの「聞き分けにくい音」の違いさえ理解すれば日本人が英語の発音を習得するのはそんなに難しくないのです。

正しい発音を習得して一つ一つの音を出せるようになれば、半分以上は「ネイティブ並みにきれいな英語がしゃべれるようになった」のも同然です。発音を習得しただけで、今まで通じなかった英語が通じるようになったり、全然聞き取れなかった英語が急に聞き取れるようになったりします。

日本にいながらでも、英語をネイティブ・スピーカーのようにスラスラとしゃべったり、ネイティブのしゃべるあの速いスピードの英語を聞き取ったりする英語力を身につける方法があります。

それは「日常会話でよく使われる表現(チャンク)」を使いこなせるようになる事です。

★きれいな英語発音が出来るようになるDVD(ビデオ)
 スギーズPERシステム

英語の発音の習得は難しいと思われがちですが、日本人にとって「発音し分けにくい音」「聞き分けにくい音」の違いさえ判ってしまえば、実は英語の発音を習得するのはそんなに難しい事ではないのです。
私は音声学を応用して日本人がやりやすい個々の音の出し方や日本人が間違えやすい音のペアでの練習ドリルなどを長年研究してきました。
そして日本人が短期間で英語の発音を習得するために最適な勉強方法「スギーズ PER システム」が完成しました。
PERとはPronounce English Right(英語を正しく発音しよう)という意味です。
この教材には、私の発音教室の生徒さんたちに教えているスギーズの英語学習法のエッセンスが詰まっています。
この教材は、週4回、1回一時間の勉強で、一ヵ月半(45日)で確実に「きれいな英語発音」を習得する事が出来ます。

★★ 詳しい内容とお申し込みはこちら ★★
         ↓↓↓
たったの90日でネイティブ並みの英語が話せるようになります


★英語を流暢に喋れるようになるDVD(ビデオ)
 スギーズSEFシステム

すらすらと英語をしゃべるためにはチャンクを覚える必要があります。
チャンクを覚える前にまず必要な事はネイティブ・スピーカーが日常会話で行う独特のクセである「音の変化や省略」を習得する事です。
ネイティブ独特のクセとチャンクを習得するための教材が「流暢な英語がしゃべれるようになるDVD(ビデオ)スギーズSEFシステム」です。
この教材も、週4回、1回1時間の練習ですと、一ヵ月半(45日)で習得することができます。

★★ 詳しい内容とお申し込みはこちら ★★
         ↓↓↓




人気blogランキングへ
banner_04.gif





ネイティブはみんなチャンクで会話している!

チャンクを覚えるだけで英語がペラペラになる!?

ネイティブ・スピーカーたちは日常会話でどういう表現を使って会話しているか知っていますか?

彼らは、会話する時に使う会話文はいちいち頭の中で作文しているわけではなく、チャンクが頭の中にインプットされていて、チャンクで会話しているのです。

チャンク(chunk)とは元々は、「かたまり」という意味なのですが、ここでいうチャンクとは、「ネイティブが日常会話で非常によく使う短い会話の表現(フレーズ)」のことで、短いものだと2−4語、長くても8語位の表現(フレーズ)です。
ネイティブ・スピーカーはあれほどペラペラと速く喋るのにスムーズに会話が進むのは、チャンクという決まりきった表現で会話しているからなのです。

例えば、How are you?(ご気分はいかがですか?)ときかれたら、I'm fine, thank you!.(元気だよ、ありがとう!)などと答えますが、これもチャンクでのやり取り一つです。そんなに難しい表現ではないですよね?
しかし、このような簡単な文章でもその時々にいちいち作文していては日常会話では決して間に合いません。

しかし多くの日本人は頭の中で作文してから喋ろうとしたり、頭で暗記した文章を思い出しながら喋ろうとするので、スムーズな会話が出来ないのです。日本人がスムーズな会話のやり取りが出来ないのは、一つには発音が悪くて相手に通じないという理由と、もう一つには、文章を頭で作文したり暗記したりしているので、いざ会話のキャッチボールをする時に、とっさに言いたいフレーズが出てこないからなのです。

相手がチャンクで何か言ってきたら、こちらもチャンクですぐ返答する、まるでテニスでボールを打ったり打ち返したりするようにリズムよくチャンクをやり取りする事が英語の日常会話なのです。

ですから、日常会話をスムーズに行うためには、作文したり、頭で文章を暗記するのではなく、日常会話でよく使われる表現であるチャンクを使いこなせるようになる、つまり正しい発音でチャンクを「ペラッ」と言えるようになることが大切なのです。


逆に言うと、チャンクを正しい発音で「ペラッ」と言えるようにさえなってしまえば、ネイティブのあの矢のように速い日常会話にも楽々ついていけるようになってしまうのです。

正しい発音とチャンクを知らないと、いくら英会話をがんばって勉強しても英語がしゃべれるようになるまでにはとても時間がかかり、苦労してしまいます。

また、チャンク一つ一つは短い表現なのですが、長い文章を表現したい場合でもこの短いチャンクを関係代名詞などでつなぎ合わせて表現するのです。

ですから英会話をスムーズに行うためにはこのチャンクをどれだけ知っていて、使いこなせるかが非常に重要なのです。

ネイティブ・スピーカーは単語や文章をきちんと表記通りに発音していないのです。テンポよく喋ろうとして、ネイティブ独特のクセで「音を変化させたり省略させたりして」ペラペラと会話を進めてしまいます。

だから英会話学校の先生やリスニングテープのようにゆっくりきちんと表記通りしゃべってくれる英語は聞き取れるのに、実際にネイティブが使う生の英語は聞き取りにくいのです。
簡単な日常会話でも意外と聞き取りにくいと感じたことはありませんか?
簡単な日常会話でも意外と聞き取りにくいと感じるのは、このネイティブ独特のクセである「音の変化や省略」を知らないからなのです。
逆にいうと、このクセを身につけてしまえば、どんなに速いスピードでしゃべる英語でも聞き取れてしまうのです。

日常会話でスムーズな会話のキャッチボールが出来るようになるためには、つまりチャンクを使いこなすためには、このネイティブ独特のクセである「音の変化や省略」を習得する必要があるのです。

★きれいな英語発音が出来るようになるDVD(ビデオ)
 スギーズPERシステム

英語の発音の習得は難しいと思われがちですが、日本人にとって「発音し分けにくい音」「聞き分けにくい音」の違いさえ判ってしまえば、実は英語の発音を習得するのはそんなに難しい事ではないのです。
私は音声学を応用して日本人がやりやすい個々の音の出し方や日本人が間違えやすい音のペアでの練習ドリルなどを長年研究してきました。
そして日本人が短期間で英語の発音を習得するために最適な勉強方法「スギーズ PER システム」が完成しました。
PERとはPronounce English Right(英語を正しく発音しよう)という意味です。
この教材には、私の発音教室の生徒さんたちに教えているスギーズの英語学習法のエッセンスが詰まっています。
この教材は、週4回、1回一時間の勉強で、一ヵ月半(45日)で確実に「きれいな英語発音」を習得する事が出来ます。

★★ 詳しい内容とお申し込みはこちら ★★
         ↓↓↓
たったの90日でネイティブ並みの英語が話せるようになります


★英語を流暢に喋れるようになるDVD(ビデオ)
 スギーズSEFシステム

すらすらと英語をしゃべるためにはチャンクを覚える必要があります。
チャンクを覚える前にまず必要な事はネイティブ・スピーカーが日常会話で行う独特のクセである「音の変化や省略」を習得する事です。
ネイティブ独特のクセとチャンクを習得するための教材が「流暢な英語がしゃべれるようになるDVD(ビデオ)スギーズSEFシステム」です。
この教材も、週4回、1回1時間の練習ですと、一ヵ月半(45日)で習得することができます。

★★ 詳しい内容とお申し込みはこちら ★★
         ↓↓↓




人気blogランキングへ
banner_04.gif




教材一覧へ


驚くほど英語発音がきれいになるDVD(ビデオ)

90日でネイティブ並にきれいな英語が喋れるようになる

普通の日本人でも90日でネイティブ並みに
きれいな英語が喋れるようになる英語学習法


●今まで英語を勉強してきたのに上手にしゃべれるようにならなかった

●英語を聞き取るのが苦手だがどうやったら聞き取れるようになるのか知りたい

●英語を効率よく短期間でしゃべれるようになりたい

●英会話は初心者だけど英語をしゃべるのには興味のある

●英語をしゃべれるようになりたいが英語アレルギーで困っている

●何故日本人は英語をしゃべったり、聞き取るのが苦手なのか知りたい

これらに1つでも思い当たる方は、是非「スギーズの英語英語上達法」を試してください。

★きれいな英語発音が出来るようになるDVD(ビデオ)
 スギーズPERシステム

英語の発音の習得は難しいと思われがちですが、日本人にとって「発音し分けにくい音」「聞き分けにくい音」の違いさえ判ってしまえば、実は英語の発音を習得するのはそんなに難しい事ではないのです。
私は音声学を応用して日本人がやりやすい個々の音の出し方や日本人が間違えやすい音のペアでの練習ドリルなどを長年研究してきました。
そして日本人が短期間で英語の発音を習得するために最適な勉強方法「スギーズ PER システム」が完成しました。
PERとはPronounce English Right(英語を正しく発音しよう)という意味です。
この教材には、私の発音教室の生徒さんたちに教えているスギーズの英語学習法のエッセンスが詰まっています。
この教材は、週4回、1回一時間の勉強で、一ヵ月半(45日)で確実に「きれいな英語発音」を習得する事が出来ます。

★★ 詳しい内容とお申し込みはこちら ★★
         ↓↓↓
たったの90日でネイティブ並みの英語が話せるようになります


★英語を流暢に喋れるようになるDVD(ビデオ)
 スギーズSEFシステム

すらすらと英語をしゃべるためにはチャンクを覚える必要があります。
チャンクを覚える前にまず必要な事はネイティブ・スピーカーが日常会話で行う独特のクセである「音の変化や省略」を習得する事です。
ネイティブ独特のクセとチャンクを習得するための教材が「流暢な英語がしゃべれるようになるDVD(ビデオ)スギーズSEFシステム」です。
この教材も、週4回、1回1時間の練習ですと、一ヵ月半(45日)で習得することができます。

★★ 詳しい内容とお申し込みはこちら ★★
         ↓↓↓




人気blogランキングへ
banner_04.gif



驚くほど英語発音がきれいになるDVD(ビデオ)

スギーズ英語学習法

ここで教える英語学習法は、ちゃんとやれば誰でも確実に「ネイティブ並の英語が喋れるようになる」方法です。
ですから、ここで方法論をしっかり理解してください。
とは言いましても私の英語学習法の理論はとてもシンプルです。
英語をすらすらと喋れるようになるために必要な事はたった二つだけだといいましたがそれは次の二つです:

@正しい英語の発音が出来る事

A正しい英語の発音でチャンクをマスターする事

もちろん単語力や最低限の文法力なども必要ですが、英語を喋れるようになるために一番大切なのは正しい発音と、チャンクを覚える事です。
文法などはチャンクで覚えてしまったほうが簡単に覚えられますし、単語もちゃんと発音を習得してからのほうが効率よく覚えられます。


正しい発音はなぜ必要?

よく日本人に「英語を喋るためには正しい発音が必要だ」と言いますと、「英語なんて通じればいいじゃん」とか「発音なんて外人でもないのに身に付けられるわけがない」と言われます。

しかし、どちらの意見も正しくありません。
「英語なんて発音が悪くても相手に通じればよい」という意見をたまに聞くことがあります。確かに、ちょっと発音が変でも相手とのコミュニケーションに支障がなければいいじゃないか、と思うかもしれません。
実際、ドイツ人やフランス人が喋る英語は多少訛っていても、コミュニケーションには支障がないみたいです。

しかしこれは日本人には当てはまらないのです。

ドイツ語やフランス語というのは言語体系的に英語と近いので、当然発音も似ているのですが、日本語と英語というのは言語体系が全く異なり、発音が全然違うので、日本語発音の英語では「発音が悪くても通じる」というレベルではなく、「発音が悪すぎて全く通じない」ということになってしまうのです。

英語と日本語はどれくらい発音が違うの?

日本語と英語の発音で一番大きな違いは、母音の数です。
母音というのは簡単に言うと声帯で発せられた音が唇、歯、舌などに邪魔されずに発せられる音のことで、言語を喋る上で一番基本となるとても大切な音のことです。
日本語には「ア」「イ」「ウ」「エ」「オ」の5つの母音があります。
ところが、日本語の母音が5つなのに対して、英語の母音は基本的なものだけでも12個もあります。
しかも日本語の母音と同じものは「エ」だけで、ほかの11個はまったく違う音なのです。
日本人は英語の12個の母音を、日本語の5つの母音に無理やりあてはめて喋ろうとしているのです。
だから、日本人の発音は外国人にとって非常に聞き取りにくいといわれるのです。
しかも、大陸文化を持つ中国人や韓国人と違って、日本人というのはどちらかというとシャイな人が多いので、発音が悪くて英語が通じないと、自信を持って英語を喋れなくなってしまう人が多いのです。
日本人が英語を喋るのが苦手なのはこのためなのです。

発音なら外国人に直接習えばいいんじゃないの?

「発音が大切なら、やっぱり英会話学校に行って外人と話して、英語の発音を身につければいいですよね?」と思われるかもしれません。
確かに英語を上手に話すためには外国人と生の英語を話す練習をするのはとても大切な事です。

しかし、これも効率の良い方法とは言えません。
何故なら、外国人の先生は英語の発音はちゃんと出来るかもしれませんが、日本人に発音を教える事に関しては素人なのです。
彼らにも何故日本人はこんなに英語をしゃべるのが下手なのか、どうしたら日本人がちゃんと英語をしゃべれるようにさせられるのか教え方がわからないのです。

ですから、外人の先生はよく「私の発音をまねろ」と指導するのですが、音の出し方がわからないので真似ようとしても上手く真似られないのです。
そうすると、ネイティブの先生もゆっくりと英語をしゃべらなければならなくなります。
英会話学校などでネイティブの先生がゆっくりと話してくれるような会話なら理解できるけど、海外などで実際の英語を聞くとスピードが速すぎてついていけないという事になるのです。

私は、「英会話学校に行ったけど全然英語が上手くならなくて失敗した」という人の話を聞くたびに、「最初に発音を勉強しておけば効果が全然違うのになー」とつい思ってしまいます。

どうやって発音を勉強したら良いの?

では実際に日本人はどのように発音を勉強したら良いのでしょうか?
日本人にとって発音を一番勉強しやすい方法があるのです。
私は、日本人が英語を話したり、聞いたりしているのを見ていてあることに気がつきました。
それは、日本人には「発音し分けにくい音」「聞き分けにくい音」があるということです。
「発音し分けにくい音」「聞き分けにくい音」をきちんと発音し分けて、聞き分けられるようになればよいのです。
このように「発音し分けにくい音」「聞き分けにくい音」でも、私の開発した独自の学習ドリルで学べば難なく聞き分け、しゃべり分けられてしまいます。

日本人にとって「聞き分けにくい音」他にもあるのですが、それらの「聞き分けにくい音」の違いさえ理解すれば日本人が英語の発音を習得するのはそんなに難しくないのです。

正しい発音を習得して一つ一つの音を出せるようになれば、半分以上は「ネイティブ並みにきれいな英語がしゃべれるようになった」のも同然です。発音を習得しただけで、今まで通じなかった英語が通じるようになったり、全然聞き取れなかった英語が急に聞き取れるようになったりします。

日本にいながらでも、英語をネイティブ・スピーカーのようにスラスラとしゃべったり、ネイティブのしゃべるあの速いスピードの英語を聞き取ったりする英語力を身につける方法があります。

それは「日常会話でよく使われる表現(チャンク)」を使いこなせるようになる事です。

★きれいな英語発音が出来るようになるDVD(ビデオ)
 スギーズPERシステム

英語の発音の習得は難しいと思われがちですが、日本人にとって「発音し分けにくい音」「聞き分けにくい音」の違いさえ判ってしまえば、実は英語の発音を習得するのはそんなに難しい事ではないのです。
私は音声学を応用して日本人がやりやすい個々の音の出し方や日本人が間違えやすい音のペアでの練習ドリルなどを長年研究してきました。
そして日本人が短期間で英語の発音を習得するために最適な勉強方法「スギーズ PER システム」が完成しました。
PERとはPronounce English Right(英語を正しく発音しよう)という意味です。
この教材には、私の発音教室の生徒さんたちに教えているスギーズの英語学習法のエッセンスが詰まっています。
この教材は、週4回、1回一時間の勉強で、一ヵ月半(45日)で確実に「きれいな英語発音」を習得する事が出来ます。

★★ 詳しい内容とお申し込みはこちら ★★
         ↓↓↓
たったの90日でネイティブ並みの英語が話せるようになります


★英語を流暢に喋れるようになるDVD(ビデオ)
 スギーズSEFシステム

すらすらと英語をしゃべるためにはチャンクを覚える必要があります。
チャンクを覚える前にまず必要な事はネイティブ・スピーカーが日常会話で行う独特のクセである「音の変化や省略」を習得する事です。
ネイティブ独特のクセとチャンクを習得するための教材が「流暢な英語がしゃべれるようになるDVD(ビデオ)スギーズSEFシステム」です。
この教材も、週4回、1回1時間の練習ですと、一ヵ月半(45日)で習得することができます。

★★ 詳しい内容とお申し込みはこちら ★★
         ↓↓↓




人気blogランキングへ
banner_04.gif



驚くほど英語発音がきれいになるDVD(ビデオ)

ネイティブはみんなチャンクで会話している!

チャンクを覚えるだけで英語がペラペラになる!?

ネイティブ・スピーカーたちは日常会話でどういう表現を使って会話しているか知っていますか?

彼らは、会話する時に使う会話文はいちいち頭の中で作文しているわけではなく、チャンクが頭の中にインプットされていて、チャンクで会話しているのです。

チャンク(chunk)とは元々は、「かたまり」という意味なのですが、ここでいうチャンクとは、「ネイティブが日常会話で非常によく使う短い会話の表現(フレーズ)」のことで、短いものだと2−4語、長くても8語位の表現(フレーズ)です。
ネイティブ・スピーカーはあれほどペラペラと速く喋るのにスムーズに会話が進むのは、チャンクという決まりきった表現で会話しているからなのです。

例えば、How are you?(ご気分はいかがですか?)ときかれたら、I'm fine, thank you!.(元気だよ、ありがとう!)などと答えますが、これもチャンクでのやり取り一つです。そんなに難しい表現ではないですよね?
しかし、このような簡単な文章でもその時々にいちいち作文していては日常会話では決して間に合いません。

しかし多くの日本人は頭の中で作文してから喋ろうとしたり、頭で暗記した文章を思い出しながら喋ろうとするので、スムーズな会話が出来ないのです。日本人がスムーズな会話のやり取りが出来ないのは、一つには発音が悪くて相手に通じないという理由と、もう一つには、文章を頭で作文したり暗記したりしているので、いざ会話のキャッチボールをする時に、とっさに言いたいフレーズが出てこないからなのです。

相手がチャンクで何か言ってきたら、こちらもチャンクですぐ返答する、まるでテニスでボールを打ったり打ち返したりするようにリズムよくチャンクをやり取りする事が英語の日常会話なのです。

ですから、日常会話をスムーズに行うためには、作文したり、頭で文章を暗記するのではなく、日常会話でよく使われる表現であるチャンクを使いこなせるようになる、つまり正しい発音でチャンクを「ペラッ」と言えるようになることが大切なのです。


逆に言うと、チャンクを正しい発音で「ペラッ」と言えるようにさえなってしまえば、ネイティブのあの矢のように速い日常会話にも楽々ついていけるようになってしまうのです。

正しい発音とチャンクを知らないと、いくら英会話をがんばって勉強しても英語がしゃべれるようになるまでにはとても時間がかかり、苦労してしまいます。

また、チャンク一つ一つは短い表現なのですが、長い文章を表現したい場合でもこの短いチャンクを関係代名詞などでつなぎ合わせて表現するのです。

ですから英会話をスムーズに行うためにはこのチャンクをどれだけ知っていて、使いこなせるかが非常に重要なのです。

ネイティブ・スピーカーは単語や文章をきちんと表記通りに発音していないのです。テンポよく喋ろうとして、ネイティブ独特のクセで「音を変化させたり省略させたりして」ペラペラと会話を進めてしまいます。

だから英会話学校の先生やリスニングテープのようにゆっくりきちんと表記通りしゃべってくれる英語は聞き取れるのに、実際にネイティブが使う生の英語は聞き取りにくいのです。
簡単な日常会話でも意外と聞き取りにくいと感じたことはありませんか?
簡単な日常会話でも意外と聞き取りにくいと感じるのは、このネイティブ独特のクセである「音の変化や省略」を知らないからなのです。
逆にいうと、このクセを身につけてしまえば、どんなに速いスピードでしゃべる英語でも聞き取れてしまうのです。

日常会話でスムーズな会話のキャッチボールが出来るようになるためには、つまりチャンクを使いこなすためには、このネイティブ独特のクセである「音の変化や省略」を習得する必要があるのです。

★きれいな英語発音が出来るようになるDVD(ビデオ)
 スギーズPERシステム

英語の発音の習得は難しいと思われがちですが、日本人にとって「発音し分けにくい音」「聞き分けにくい音」の違いさえ判ってしまえば、実は英語の発音を習得するのはそんなに難しい事ではないのです。
私は音声学を応用して日本人がやりやすい個々の音の出し方や日本人が間違えやすい音のペアでの練習ドリルなどを長年研究してきました。
そして日本人が短期間で英語の発音を習得するために最適な勉強方法「スギーズ PER システム」が完成しました。
PERとはPronounce English Right(英語を正しく発音しよう)という意味です。
この教材には、私の発音教室の生徒さんたちに教えているスギーズの英語学習法のエッセンスが詰まっています。
この教材は、週4回、1回一時間の勉強で、一ヵ月半(45日)で確実に「きれいな英語発音」を習得する事が出来ます。

★★ 詳しい内容とお申し込みはこちら ★★
         ↓↓↓
たったの90日でネイティブ並みの英語が話せるようになります


★英語を流暢に喋れるようになるDVD(ビデオ)
 スギーズSEFシステム

すらすらと英語をしゃべるためにはチャンクを覚える必要があります。
チャンクを覚える前にまず必要な事はネイティブ・スピーカーが日常会話で行う独特のクセである「音の変化や省略」を習得する事です。
ネイティブ独特のクセとチャンクを習得するための教材が「流暢な英語がしゃべれるようになるDVD(ビデオ)スギーズSEFシステム」です。
この教材も、週4回、1回1時間の練習ですと、一ヵ月半(45日)で習得することができます。

★★ 詳しい内容とお申し込みはこちら ★★
         ↓↓↓




人気blogランキングへ
banner_04.gif



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。